ユニバーサルツーリズムデスク

旅の不安や不便を感じている方々にも旅の感動を味わえる旅行環境をめざします。

文字サイズ

ユニバーサルスタディツアー

ユニバーサルスタディツアー

共存・協力しながら学ぶ新しいスタディーツアーのカタチ

共存・協力しながら学ぶ新しいスタディーツアーのカタチ

車いすや杖をご利用のお客様、福祉従事者や福祉を学んでいる方、
ご家族の介護をされている方におすすめです。
旅先のバリアフリー・ユニバーサル事情について学べるツアーです。

車いすをご利用の方の気持ちを少しでも理解してもらえる様、
乗車体験もプログラムに組み込んでいます。
実際に車いすで参加されているお客様の車いすを押していただいたりと
介助サポートも体験してもらいます。

お1人様でも気軽にご参加いただけるよう、男女別相部屋の手配も可能です。
共存・協力しながら楽しむスタディツアーに是非ご参加してみませんか。

旅リハ

詳しく

募集中のスタディツアーについて

お客様の体験談

2015年10月12日発「日本ユニバーサルマナー協会講師・岸田ひろ実の解説でめぐる、
アメリカの先進的バリアフリーを学ぶスタディツアーハワイ5日間」

ハワイ

福祉を学んでいる大学生

福祉を学んでいる大学生

福祉を学んでいる大学生

【ご旅行に参加する前に、不安・心配だったこと】

海外という慣れない環境での介助が出来るのか自分自身に対する不安がありました。
実際、参加してみてツアーの皆さんの支えだったり、現地の人の助けのおかげで不安はほとんどなくなりました。正直、一番の心配だったことは大学の授業を休む事です。

【ご旅行中の感想】

とても内容の濃い旅行でとても楽しかったです。 ユニバーサルツーリズムデスクのスタディツアーということでとてもわくわくしていましたし、予想以上に勉強させていただけて本当にすばらしい旅行でした。大学の授業でハワイのバリアフリーのことはどのくらい進んでいるのは知っていましたが、物理的なバリアフリーではなく、人の心のバリアフリーがあんなにも進んでいることは実際に体験してみないと分からないことでした。すばらしい体験をさせていただきありがとうございました。

【今後どのようなユニバーサルスタディーツアーに参加してみたいと思いますか】

今回の様なユニバーサルスタディツアーにまた参加してみたいと思いました。 また、他国の障害者の方がどのように生活しているのか知りたいです。

【今回のユニバーサルスタディーツアーに参加してみて、学んだこと・今後の生活や仕事で活かしたいこと】

今回のユニバーサルツアーに参加してみて、やはり心のバリアフリーのすばらしさを学びました。岸田さんもおっしゃっていました、やりすぎないサポートがまさにハワイの方々を表していると思います。 また、ツアーの内容ではないですが、ツアーを最初から最後まで丁寧に心をこめてサポートしてくださった添乗員の薄井さんから学ぶことも大変多かったです。細かな気遣いが皆さん方の信頼につながり皆さんが薄井さんが居て安心することにつながっているのだと思いました。 信頼や安心をこの短期間で得るなんてすごいことだなぁと思い、改めて自分自身のことを考えることが出来ました。 今後の自分が福祉のどの分野でやっていこうか少し視野が広まりました。本当にありがとうございました。

電動車いすをご利用の一人参加のお客様

電動車いすをご利用の一人参加のお客様

電動車いすをご利用の一人参加のお客様

【ご旅行に参加する前に、不安・心配だったこと】

人生で初めての海外旅行。久しぶりの飛行機なのでいろいろ不安でした。 (骨が折れやすい病気なので)ハワイで骨が折れないか、長時間の飛行機は大丈夫か、集団行動についていけるか、英語は通じるか、不安でした。 骨折や、大きな体調不良はなく、長時間のフライトも思ったより短く感じられ、大丈夫でした。また薄井さんのまとめが上手だったので他の参加者とすぐになじむことができました。

【ご旅行中の感想】

なによりも初海外だったので、本当に楽しかったです。 日本にはまだまだ多くの段差があります。「行きたい所」ではなく「行けるところ」をまず考えなくてはいけませんが、ハワイはほとんどのお店にスロープがついていました。好きなところにすぐに行け、周りからもジロジロ見られないというのはこんなにも楽で、快適なのか!!と思いました。 現地の人が言っていましたが、「みんな平等」と言っていました。平等といっても適度にナチュラルにサポートはしてもらえ、とても生活のしやすい町でした。またハワイに行きたいし、住んでみたいです。 ただ食べ物、飲み物は日本食が好きみたいです(笑) ハワイの景色や、海は本当に綺麗で幸せな時間でした。

【今後どのようなユニバーサルスタディーツアーに参加してみたいと思いますか】

身体介助のしかたを学びながら海外にみんなで行くというプランがあったら、要介助者も行きやすいのでは?と思いました。

【今回のユニバーサルスタディーツアーに参加してみて、学んだこと・今後の生活や仕事で活かしたいこと】

またハワイに行きたいです!「やってみないと分からない、やればできる」 心に刻みます。添乗員の薄井さんの説明は本当に分かりやすく相手への伝え方のヒントになりました。

お客様の体験談

2016年4月2日発「エメラルド色に輝く日本版『青の洞窟』を楽しむ堂ヶ島遊覧巡りと、
那賀川の川沿い続く桜並木・巨大花畑を訪れる春爛漫西伊豆2日間」

ハワイ

福祉施設に勤務するお客様

福祉施設に勤務するお客様

福祉を学んでいる大学生

【ご旅行に参加する前に、不安・心配だったこと】

特に不安、心配はありませんでした。

【ご旅行中の感想】

日頃の介護や生活家事などに解き放されて、私にとっては大変なリフレッシュになりました。仲間たちとの交流や一緒に行動することが、こんなに楽しく思えたのは久しぶりです。ありがとうございました。桜や花畑など一番良い時期だったと思います。また研修も改めて再認識することや、お客様からのケアの指摘など勉強になりました。 西伊豆のサポートセンターラクダピスピストの交流やお話は大変参考になりました。

【もっと良い旅にする為にお気づきなこと・改善点など】

研修における衣類着脱や入浴介助、車いす介助などは時間があれば2人一組でお互いに実習できればもっと良かったと思います。現地で先駆的に実践している方達の交流や話し合いなども又、入れていただければよいと思います。

【今後どのようなユニバーサルスタディーツアーに参加してみたいと思いますか】

冬の雪見風呂などの研修もよいのでは。お客様とご一緒のスタディツアーはよいと思います。

【まだ不安を感じている未経験者へのメッセージ】

思い切って参加することで、新しい希望が見えてきますよ。

車いすをご利用のお客様

車いすをご利用のお客様

福祉施設に勤務するお客様

【ご旅行に参加する前に、不安・心配だったこと】

前回初めて参加したハワイで、「障害・車いすに理解のある環境」に久しぶりに触れました。思い切って自分専属の介助者(ヘルパー)を付けず、一人で参加を決意したものの、障害・車いすに理解のある方ばかりとはいえ、何かあったらどうしようと不安もありました。 「先天的な障害の介助」と「高齢者介助」はやはり考え方や介助の仕方が異なるため、大変な面もありますが、「スタディツアー」らしく、お互いの勉強になっていい機会だと思いました。

【ご旅行中の感想】

内容が濃くて、楽しかったです。 車いすだと、移動も大変・現地の段差状況やトイレ状況が分からないので、このツアーだと安心して行動できます。さらに、ロープウェイや船なども乗ることができて、本当に楽しかったです。また久しぶりに旅館に泊まり温泉に入ることができました。家族や友人など個人では難しいことが経験できるので、とてもいい時間でした。かなり久しぶりに桜を見ることができ、改めて日本っていい所だなと感じました。

【もっと良い旅にする為にお気づきなこと・改善点など】

今後、福祉系大学などに通う学生さんの介護実習に役立てることができたらいいなと思いました。

【今後どのようなユニバーサルスタディーツアーに参加してみたいと思いますか】

スタディツアーなら、みんなが同じように楽しめ、そして店員さんの対応から学ぶことがあるという意味でディズニーもいいのかなと思いました。

【まだ不安を感じている未経験者へのメッセージ】

初めてのことは誰しも最初は不安だと思います。