ユニバーサルツーリズムデスク

旅の不安や不便を感じている方々にも旅の感動を味わえる旅行環境をめざします。

文字サイズ

介護旅行

介護旅行

H.I.S.ユニバーサルツーリズムデスクがご案内する介護旅行とは

ユニバーサルツーリズムデスクがご案内する介護旅行とは

加齢による疾病やケガで運動機能や体力が低下し、外出や旅に不安を感じていらっしゃる方々が、その想いを諦めずに、
不安要素をひとつひとつ解決していきながら、一緒に旅の想いを実現させていきましょう。
その先には、きっと多くの笑顔や感動がまっていることでしょう。
H.I.S.のユニバーサルツーリズムデスクでは、宿泊先や車両手配、航空券、パッケージ商品、介助サポーターの手配と、
外出から宿泊旅行まで全てのお手配をワンストップで行なう事が出来ます。
介助者がいないからと、外出や旅を諦めるのではなく、もしよろしければ1本お電話をください。
社会福祉士、看護師、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の資格を所持しているスタッフからベテランスタッフまで、皆さまの旅のサポートを全力でお手伝い致しますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

ユニバーサルツーリズムデスクがご案内する介護旅行とは

詳しく

こんな方に喜ばれています

温泉旅行

  • 箱根温泉に行ってのんびりしたい
  • 要介護状態の78歳の父親を家族風呂ではなく大浴場の温泉に入れてあげたいが、私は男湯に入れないので、入浴を介助してくれる人に同行して欲しい
  • 温泉の2時間だけの介助をお願いしたい

日帰り・国内旅行

  • 車いすを利用している80歳の母親を連れて、旅行に行きたいが、母親と二人では不安
  • 片麻痺の75歳の主人と2人で旅行に行きたいのですが、私も高齢で主人の車いすを押すだけでも大変
  • 自宅や羽田空港から介助スタッフを同行させると旅行代金が高くなるので、現地に到着してから介助者をお願いしたい

海外旅行

  • 団体旅行は日程が合わず参加が出来ないが、夢だったスイスに個人旅行で行きたいが一人では不安
  • 脳卒中になってから諦めていた海外旅行にもう1度行きたいが、旅先では車いすを利用したい
  • 要介護状態の80歳の父親を海外旅行に連れて行きたいが、家族が介護に疲れて旅行を楽しめないので、介助スタッフに同行して欲しい
  • 高次脳機能障害の父親を海外旅行に連れて行きたいが、私一人では不安

お墓参り

  • ご先祖様を大切にしたい、しかし、一人ではお墓参りに行けない。そういう方には、介護付き車両手配や、介助サポーターのお手配を行ないます。

故郷や同窓会・披露宴、法事など

  • 故郷に行きたい、懐かしい友人に会いに行きたい、同窓会へ参加したい、法事に行きたい、そういう方のニーズにもお答えいたします。

気軽な外食やデパートのおでかけ

  • たまには外でゆっくりと外食を味わいたい、デパートで買い物がしたいなどのニーズにもお答えいたします。

ご参加の条件

  1. お客様ご自身が旅行にいきたいという気持ちをもち、その意思確認ができる
  2. ご家族(あるいはそれに代わる日常生活がわかる方)が賛同している
  3. 主治医・ケアマネージャーなど医療・介護の専門家の許可がある

介助スタッフについて

介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー)や介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、看護師などの経験と旅の専門知識を備えており、お客様が安全で快適な旅を楽しめるよう、一定の研修をしたスタッフが心をこめてお手伝い致します。

ご料金について

ご旅行料金のしくみは、以下のとおりとなっております。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お客さまの
旅費
付き添い
スタッフの
旅費
付き添い
料金
※「NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会」に直接お支払いください。
取扱
料金
旅行
代金

「NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会」が業務提携し、ご案内します!

高齢になっても、障がいがあっても旅や外出は心をうきうきさせるもの。
“行きたいときに行きたい場所へ”をキャッチフレーズに、「NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会」は、ご高齢者や障がいを有する方々をサポートしながらご一緒に旅や外出を楽しむことを主旨としています。
高齢のご両親を旅行へ連れて行きたいけれど介助者一人だけでは心もとない、障がいを有する子どもたちを連れて出かけたいけれど、世話に追われて両親自身が一緒に楽しめないという方々をはじめ、施設の外出に職員全員が出てしまうわけにはいかない、などなど旅や外出に関することでしたら何でも一度是非ご相談ください。
当NPO法人の旅サポーターは、福祉介護、あるいは医療の資格または認定資格を持っているものが多く、旅慣れている者ばかりなので安心して、お任せいただけます。

旅サポーターをご活用いただくときは

負担いただくもの
  1. 旅サポーターの集合場所までの往復交通費・・・・・・¥1,500
    ※往復交通費が¥1,500以内の場合は¥1,500、それを超えるものは実費
  2. 旅サポーター謝礼金(旅サポーター1人/1時間)・・・・・・¥1,200
    ※最高限度額(10時間分)・・・・・・¥12,000
    ※宿泊する場合は、1日を10時間とみなします(¥12,000)
  3. ご利用者様との同行中の旅費等(交通費、宿泊費、施設入館料、入場料等)の実費

※宿泊費に食費が含まれていない場合の食事代は下記の通りです。
【国内】朝食/夕食
【海外】朝食/昼食/夕食
※ご利用者様と別々に食事をする時は、所定の金額をお支払い頂きます。
★旅サポーターの旅行保険
※旅サポーターの個人負担といたします。ただし、団体旅行の場合はこの限りではない場合もあります。

サポート時間

1日 10時間まで。
※サポート時間は、ご利用者様とご一緒の時間のみとします。

お手伝いできること
  1. 旅への同行(出発から帰着まで)
  2. 着地/発着点(東京)でのサポート(介助内容は下記に準ずる)など
お手伝いできる内容

移動(車椅子・杖使用など)/乗り物の乗降/ベッドやトイレなどへの移乗/入浴/衣   服の着脱。食事の介助/代筆/代読/筆談など

※そのほかにございましたら、ご相談ください。

★旅サポーターを個人のヘルパーとして同行させる場合
日当・諸手当・食費等を旅サポーター個人にお支払いください(当NPOは旅サポーターをご紹介いたしますが、派遣は致しておりません)

旅サポーターがお手伝いできないこと
  1. 就寝中のサポート
    ※就寝中のサポートが必要な時はご相談ください。
    (例)就寝中の体位交換/就寝後のトイレ介助など
  2. 旅券の申請手続きや行き先原稿など旅行中の旅行行程に関わる手続きなど
    ※旅行社の代行はできません。

注意事項

※基本的には旅のご相談を受けますコンシェルジュも旅サポーターも有償ボランティアです。費用については「負担いただくもの」を ご参照ください。
※旅サポーターはホームヘルパーではありません。あくまでも、ご一緒に旅を楽しみながら、できる限りのお手伝いをさせていただく旅の 仲間としてご理解ください。
※当NPO法人の会員の方々にのみ旅サポーターをご利用していただけます。